美白

美白のための紫外線対策

美白のためには紫外線は大敵であることは今や常識となっています。

 

そのため、「紫外線対策」として、帽子の着用や日傘の使用を勧めたり、日焼け止めクリームや化粧品、UVカット素材のシャツや手袋などを紹介する必要はないでしょう。そんなことはわかりきったことであり、多くの女性がすでに実践していることでもあります。

 

しかし、これで紫外線対策は万全ということではありません。といっても、さらに洋服を重ね着したり、あるいは一切外出しないなどといったことを言いたいわけではありません。

 

ただ、ひとつ。紫外線から保護すべき重大なポイントが見落とされているのです。美白のために紫外線から守らなければならないのは、皮膚だけではないのです。では、どこを保護するべきなのでしょうか?

 

それは、「目」です。

 

最近のサングラスはもちろん、メガネやコンタクトレンズは、紫外線対策としてUV加工が施されています。

 

これは、「目」そのものを保護し、白内障や緑内障、加齢黄斑変性症などの「目の病気」を予防することが目的であるのは言うまでもありませんが、実はそれだけではないのです。

 

あまり知られていませんが、目から受ける紫外線とお肌には非常に深い関係があるのです。

 

目から紫外線を受けるとメラニン色素が増える

 

紫外線を目に受けると、当然、目そのものも悪影響を受けてさまざまな病気になる恐れがありますが、目は外界からの情報をキャッチして脳に送る役割を持っており、紫外線を受けると、その情報が脳へ伝わり、脳はそれを「有害なもの」と判断します。

 

その「有害なもの」が身体に入ってきたことを察知した脳は、それに対抗するために「メラニン色素を作れ!」という指令を全身に発するのです。その結果として、メラニン色素が増えてしまい、日焼けしたわけでもないのに、お肌が黒く変色してしまうのです。

 

そのため、いくら帽子や日傘、日焼け止め対策でBBクリームや化粧品、UVカット素材のシャツや手袋などで紫外線から皮膚を保護しても、それだけでは美白になれないどころか、むしろ日焼けしたように黒くなってしまう可能性があるのです。

 

こうしたことを防ぐためには、紫外線から目を保護しなければなりません。そのためには、言うまでもありませんが、次のような方法が有効です。

 

サングラスやメガネ、コンタクトレンズを使う

 

現在のサングラスはもちろん、視力矯正用の無色のメガネでも、UVカット加工が施されているのが一般的です。普段からサングラスやメガネをかけるようにすれば、ほぼ100%、目から紫外線を受けることを防ぐことができます。

 

その場合は、レンズと顔の間の隙間から紫外線が入らないように、できるだけ大きめのものを選ぶといいでしょう。

 

また、レンズの色が濃ければいいというものではないので、薄めのカラーでもOKですし、もちろん無色であっても構いません。ただ、眩しさも防ぎたいなら、やはり濃いめのカラーのほうがいいでしょう。

 

度が入っているかどうかも関係ないので、UVカット加工が施されたレンズを使った伊達メガネでも問題ありません。

 

ただし、注意しなければならないのは、現在ではサングラスもメガネもUVカット加工が一般的になっているとはいえ、安価な商品の中には例外的なものもあります。特に、100円ショップなどで売られているサングラスなどの中にはUVカット加工が施されていないものがあるので気をつけましょう。

 

さらに、意外に思う人もいるかもしれませんが、コンタクトレンズもUVカット加工が施されているものがあり、紫外線対策として有効です。

 

視力矯正用のコントクトレンズはもちろん、最近、女性に人気のカラコン(カラーコンタクトレンズ)でも、同じようにUVカット加工が施されているものがあります。

 

サングラスやメガネに抵抗がある人は、こうしたコンタクトレンズを使うというのもひとつの手でしょう。

 

ただし、こちらもすべての商品が必ずしもUVカット加工が施されているとは限らないので、購入時にしっかり確認することが大事です。

 

厚生労働省が認めた美白成分


一般に、美白効果がある成分のことを指して「美白成分」と呼びますが、その種類は非常にたくさんあります。

 

たしかに、美白をもたらす効果があるものもありますが、中にはそうではないものも多く含まれています。

 

実際にはほとんど(あるいは、まったく)効果がないものを、いかにも効果があるかのように大々的にPRしているものもあるようです。

 

私たち消費者は、効果がないものであっても見分けがつかないので、何も知らずに高いお金を払って購入したにもかかわらず、まったく効果を得られなかった、ということにもなりかねません。実際、そうした“被害”にあっている人も大勢いるようです。

 

このような状況は好ましいことではありませんし、許されることでもありません。そこで、厚生労働省では、消費者保護の観点から、きちんとした認定を行なっています。

 

現在、厚労省が、シミやくすみのもととなるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすなどを防ぐ効果があるとして、「医薬部外品有効成分」として認めた成分には9種類があります。

 

これらは、いずれも安全性と有効性が認められ、そのうえで配合量が定められています。

 

つまり、この9種類の成分に関しては、厚労省が「安全である(安全性)」「効果がある(有効性)」と認めた成分であり、消費者は安心して購入・使用ができ、実際に美白効果が見込めるということなのです。

 

ドラッグストアなどの売り場には、数え切れないほどたくさんの商品が並んでいますが、「美白効果」を期待するのであれば、厚労省が認めた成分がしっかり配合されているかどうかをチェックしてから購入するといいでしょう。

 

その、厚労省が認めた「美白成分」には、主に次のようなものがあります。

 

@アルブチミン
アルブチンには「αアルブチン」と「βアルブチン」の2種類があり、この場合は後者の「βアルブチン」のことを指しています。

 

この「βアルブチン」は、漂泊作用が強力なことで知られる「ハイドロキノン誘導体」で、即効性がありながら、低刺激という利点がある美白成分です。

 

AビタミンC誘導体
美容効果のあるビタミンCというのは壊れやすい性質がありますが、これを「誘導体型」にすることで、壊れにくい形にしたビタミンCのことです。

 

Bプラセンタ
最近、美容効果が非常に高いことで注目されている「プラセンタエキス」も「美白成分」のひとつです。

 

「プラセンタエキス」というのは、哺乳類(主に馬、羊、ブタなど)の胎盤から抽出した成分です。

 

身体の新陳代謝を活性化してメラニンの排出をスムーズにすると同時に、メラニンが生成されるときに活動する「チロシナーゼ」を抑える効果があります。

 

Cその他の美白成分
このほか、厚労省が認めた「美白成分」には、イチゴから抽出した「エラグ酸」、紅花油から抽出した「リノール酸」、シミや色素沈着に作用する「t-AMCHA」、「トラネキサム酸」などがあります。

 

こうした厚労省が認めたもの以外にも「美白成分」はたくさんありますが、厚労省に申請しても認可までには長い期間がかかるのが一般的です。

 

そのため、厚労省に申請せずに製造・販売されているものもあるようです。

 

それらが必ずしも「安全ではない」「効果がない」とは言い切れませんが、安全性・有効性を優先するなら、やはり認可を受けた成分が配合された商品を選ぶほうが間違いないでしょう。